スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキトップコントロール 集中型

L0(17)
キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー x3
虚無のルイズ x4
華麗なる剣聖 唯湖 x4

ルイズ&エレオノール x4
セーラー服のシエスタ x2


L1(17)
夏服の葉留佳 x2
ロボ美春 x2
キュルケ&タバサ x2

星に願う杏 x3
ほんわかきゅーと 小毬 x2
優等生シリル x3
水越 萌 x3


L2(4)
順平&トリスメギストス x4

イベント(4)
小川で遊ぼう! x4

CX(8)
美春のオルゴール x4
ありがとう x4


プレイング難易度:1・2・③・4・5・6

解説
コンセプトは文字通り相手のデッキの一番上を操作して確定打点を打ち込むデッキタイプ。なんかコントロールとか聞くと難しいんじゃないかと思うかもしれませんが、こいつはそれほど凝った動きはしなくても問題ありません。数少ない注意点に気を付けていただければ結構すんなりと回ると思います。


L0帯での戦闘要因は実質4体しかいません。初手にルイズ&エレオノールが来ることが一番理想的ではありますが、比率的に来ない場合の方が多いので、大体は後列キャラで殴る必要があります。ここで注意点。アタックするキャラは多くて2体。これを上限とします。
あとハンドに虚無のルイズがある場合は全力でキープしましょう。こいつがこのデッキ一番のキーカードです。理由は後述。

小川で遊ぼう!と星に願う杏を最大限に活用して虚無のルイズを成功させること。このデッキはタイトル通り集中を軸に構成しているので、こいつが決まれば勝ちにかなり近づけます。
杏でデッキトップを確認したり小川で変更したり、成功すると確信できたなら構わず集中してください。釣ってくるのはその場に応じたキャラを。
例えば、
アタックするキャラが足りなければ1/0 5500、L2のアタッカーが欲しい場合やストックにCXがたまってしまった場合はトリスメギストス、相手がL3を超えているなら萌+キュルケなどなど。

このデッキで相手に勝つにはいかにストックと手札が貯まっているかが鍵。相手がL3、もしくはL2クロック5辺りでキュルケ+萌で5枚ほど戻せばもうかったも同然です。終盤でルイズを有効活用して手札を一気に潤しましょう。
最後の詰めで一番の理想の形は、アタッカー2体を剣聖、あと1体は何でもよし。ストックと手札のある限りキュルケ+萌で相手のデッキに控室のカードを盛ってはアンコール盛ってはアンコールを繰り返し、CXを配置して、あとは剣聖で殴っては盛り殴っては盛り、最後の止めを刺す。これで終わりです。

最後にポイントを3点

その1 序盤手札にきたCXは小川があるからといって無暗に戻したりしないこと。中盤までは相手のクロックを1でも多く増やすことを考えてください。これは一番気をつけるように。

その2 構成上コストを使うカードが極端に少ないので、ストックに行ってしまったCXはロボ美春や集中、トリスメギストスなどで確実に控え室へ送ること。これがちゃんと成功すればリフレッシュ後の圧縮率は結構高くなります。

その3 決まれば無類の強さを誇るコントロールも相手の控室にCX以外のカードがなければ無意味です。相手がリフレッシュした直後はどうしようもないので、相手がリフレッシュ後にレベルアップするようにするプレイングをすること。

生徒会デッキ (ヴァイス・シュヴァルツ混合)

L0(16)
お雛様 音姫 x4
μ x4
不敵に微笑む杏 x2
決意の美鶴 x2
アジサイ畑のまゆき x4


L1(17)
朝倉 音姫 x4
由夢&音姫 x4

ゆず&慎 x2
宝石魔術の血統 凛 x4

水着の美鶴 x3

L2(7)
水着のアリカ x4
才色兼備の生徒会長 音姫 x3

イベント(2)
美夏、覚醒! x2

CX(8)
寝ぼけるエリカ x4
存在のなくなる日 x4

プレイング難易度:1・2・3・④・5・6

パワーと場持ちを兼ね備えたデッキ。まぁパワーと言ってもミハネムには及ばないですが、そこはアンコールを駆使して補いましょう。
L1、L2と重要な局面での優秀なキャラがそろっているので、かなり安定して打点をたたき出すことができます。しかし一番気をつけなくてはいけないのは色の配分。できるだけL1時にクロック置場に青を残せるようにすること。このデッキのキーカード「水着の美鶴」を早い段階で出すためにも青を優先するように。といってもL1で主力のアタッカーは黄色なので、L0クロック6で、2ドローすればレベルアップする場合だけレベル置場には黄色を配置しなければいけない。もちろんL2の場合も同様主力のエリカを出すために赤を残すように。
これさえ気を付けていればまず色制限でプレイできない!なんてことにはならないと思います。
極論ですがほとんど初手でCXが1枚は来ると考えれば1枚も青が来ないなんてことはまずないのであまり心配しないでいいと思います。

後はバトルでのプレイング。基本的には後列にはまゆき1体美鶴1体で、前列にエリカもしくは音姫を配置し、ガンガン殴っていくだけ。でもそれじゃ他のデッキと大差ありませんよね。このデッキの本領はココ。クロックに落ちてしまったCXを美鶴の2つめの効果を最大限に活用してリフレッシュ前に控え室に送っておくこと。正直ここがこのデッキにおいて一番重要なところであるといっても過言ではありません。それからアンコールの弾を貯める意味でも、エリカの0コストキャラ回収、美鶴の効果を積極的に使っていきましょう。ただ気をつけなくてはいけないことは、アンコールコストが揃っているのに美鶴を使いすぎると無駄にコストを消費してしまうということ、あくまでドローなのでリフレッシュダメージが加速してしまうこと、CXをトリガーしてしまう可能性が増えることが挙げられます。エリカは何も考えず回収していてもとりあえずデッキ圧縮にはつながるのでバンバン使ってください。

そこそこ馬力はあるので殴り合いではまず負けることはないと思いますが、どうしようもない時は特攻アンコールなどせずに美夏覚醒で除去してしまえばだいぶ楽になります。

ちなみに「不敵に微笑む杏」、「宝石魔術の血統 凛」は色が同じであれば他のカウンターやキャラに変えても問題はありません。ただ単にこれは私の趣味なので。

杉並デッキ高圧縮

L0(19枚)
無限書庫司書長ユーノ x4
キュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストー x2
お月見 由夢 x2
虚無のルイズ x2

小悪魔 杏 x4
セーラー服のシエスタ x2
非公開新聞部杉並 x3


L1(15枚)
杉並 x4
水越萌 x4
水着の杏 x4
ゆかり&イオ x3


EVENT(8枚)
小川で遊ぼう x4
木琴占い x4


CX(8枚)
美春のオルゴール x4
もう忘れない x4

プレイング難易度:1・2・3・4・⑤・6

説明
これはかなりプレイングの難しい部類に入ります。キャラの上書き、クロックの入れ替え、手札のCXの使用法、ストック内のCX位置、デッキ内の残りCX数、全て完璧に計算しながらのプレイを心がけること。このデッキのキーカードは小川、集中持ち、杉並、クロック回復アラームとすべてに重要な役割がありますので、一つでも操作を誤れば敗北へ一直線なんてことも大ありです。

以下レベルごとの簡単な流れを説明します。

L0 とにかくキャラで殴ること。と言っても2枚以上ない限りは集中持ちは出さないこと。とにかくストックを貯めて後続に繋ぐことを考えます。この間にストックへ行ったCXの場所はきちんと覚えておきましょう。これはこのデッキにおいてすべてのLvに言えることなので慎重に。

L1 ここからは杉並2体と萌1体に活躍してもらうのが一番理想なのですが、もし杉並が出せる状態でない場合はL0同様0コストキャラで殴り続けます。その間に集中やクロックからの回収などでキーカードの回収を優先してください。ある程度杉並がいなくても戦えるように構築してあるので最後まで耐えようと思えば耐えれます。

L2 ここからこのデッキの真価を発揮してきます。アラームと木琴占いを利用して毎ターンクロックを極力減らすことと、リフレッシュ前に控え室にCXを8枚すべて落とすことを考えてください。
小川から2枚CXを戻すか、1枚でとどめるかを調節しながらCXを落としていきます。もちろん普通に使うCXのことも考えること。そして集中を回収にするかドローにするかをその場の状況をよく考えて選んでください。選択肢のない場合は仕方ありませんが。
これらをしっかり計算して手札とストックにカードを集めまくり、デッキの圧縮率を極限まで引き上げます。
圧縮率が上がるということはトリガーでひいてしまう可能性も上がるということなので、由夢や杏でトリガーを確認しつつアタックすることが大切。

L3 L2の作業を繰り返し行い相手のクロックがあともう少しになった場合は極力CXを使わず1点1点確実に刻んでいってください。


とりあえずこんな感じですかね。リフレッシュがかなり発生するので油断していたらリフレッシュダメージで死ぬなんてこともあり得ますので慎重に。
主力アタッカーに杉並を採用している以上相手の圧縮率も鬼になる可能性があるのでくれぐれもソウルは小さくちょくちょくと。

一応キュルケの超デッキトップパンプ機能があるので最後の締めに使うのもよし。

このデッキは美春や美夏覚醒などのデッキトップバウンスにめっぽう弱いのでもし当たってしまった場合はさらにプレイングが難しくなります。諦めるのも大切かも・・・
ひとつ回避法として、美春などのキャラによるバウンスにあった場合は、こっちからの攻撃はすべてサイドにして、戻される場合は相手からのアタックだけにしましょう。そうすれば杉並のドローでトップに戻った自分を引けます。

D.C.カップ用 赤黄ミハネムver.2

L0 (16枚)
μ x4
浴衣の音夢 x4
天枷 美春 x4

鷺澤 美咲 x4

L1 (15枚)
ゆず&慎 x3
由夢&音姫 x4
水着の音夢 x4

芳野 さくら x4

L2 (7枚)
美春&音夢 x4
巫女装束の音姫 x3

EVENT (4枚)
美夏覚醒 x2
贅沢な悩み x2

CX (8枚)
美春のオルゴール x4
寝ぼけるエリカ x1

存在のなくなる日 x3

プレイング難易度:1・②・3・4・5・6

説明
いわずもがないままでのネムミハ同様パワーで相手を殴り倒すデッキ。常に相手の一歩上のパワーを得るために状況に合わせて美春を1体は後ろに陣取らせること。だからと言って殴るキャラがいない時にずっと後ろにかくまってしまうと痛い目にあうのでそこは各自タイミングを見計らうように。といってもこのデッキにはトリガー以外回収方法がないので自分の手札を先を見越して使っていくことが大切です。3体並べてアタック、3体並べてアタック、なんて繰り返していたら一瞬で力付いてしまいます。なので水着の音夢のアンコールをうまく回してストックと場を調節するのが肝心。
あとは常に相手が場に出しているキャラを倒すことを考えること。間違ってもL0時に倒せるのにサイドアタックしたりなんかしないように。場合によりますが、相手は次に出すはずだった手札を1枚得した上にストックまでただで貯められます。
贅沢な悩みは基本的にいつ使ってもいいですが、ミラー対決になったときに巫女装束で相手の美春をバウンス、そしてアンコール不可の相手キャラをバンバン削っていくことが可能なカードなので出来るだけここぞという時に使うように。
まぁ全体的にそれほど難しいデッキではないので気軽に使ってくださいまし。
プロフィール

でみる

Author:でみる
最近やっているカードゲーム、ヴァイスシュヴァルツに関することを中心に扱っている日記。
大学生:男
大阪在住
e-mail:demil4615@hotmail.co.jp

カテゴリ
WSデッキレシピ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。